Gendai Reiki

~靈氣とは何か~

最新の科学によれば、宇宙も、宇宙に存在するものも、みな波動でできています。

私たちの周囲には波動が充満し、私たち自身も波動だというのです。

靈氣も、そのような宇宙に充満する波動の一つです。

昔から、様々な波動の中に、「病気を癒し、心に平安を与える」

高い波動が存在することが知られており、レイキ(靈氣)と呼ばれていました。

靈氣は、宇宙からの贈り物で「愛と、調和と、癒しのエネルギー」といわれ、

人の高い意識と響き合って健康と幸福に導く波動です。

そのエネルギーを活用して、

「私たちの人生を、安らかに、価値あるものにしよう」というのが靈氣法です。

靈氣法は、手当て療法からスタートし、「病気や悩み、怒り、心配などの

不調和な波動と響き合わないよう、自己の波動を高める」ことをめざします。

~靈氣の本質をめざして~

靈氣は、私たちの周囲にも純粋の光として充満していますが、

それを受け取るには、意識を高めて「常に靈氣と響き合う」生き方が必要です。

現代靈氣法(通称・現代レイキ)は、それを日常生活で実現しようとするものです。

ヒーリングを中心に、自己浄化法、自己成長法を意識的に実践して、

靈氣との響き合いを高め、やがては、

「意識しなくても、自動的に響き合える」ことを目標としています。

日常のすべてが靈氣と響き合うとき、真に健康で安らかな人生が実現します。

宇宙は調和の波動を送り続けていますが、

私たち人間が、宇宙の意思に背を向けて、思い思いの行動をしています。

「宇宙の法則に沿った生き方をすること」、

これ以外に、安心立命に至る道はありません。

靈氣と響き合い、レイキを信頼して、すべてを宇宙に任せる靈氣ヒーリングは、

「宇宙と響き合って生きる」トレーニングです。

(『実践レイキヒーリング入門 愛と癒しの技法』 土居裕著 より引用)

五戒の書

好転反応について

レイキエネルギーは、受けた時点から不調和の原因に作用し始めるため、エネルギーに敏感な方や体調によっては、一時的に体調不良と思える反応が出る場合があります。

好転反応には、次の3つが考えられます。
①単なるエネルギーあたり
 『エネルギー回路が急速にクリアになり、大量の生命エネルギーが全身に行き渡る』ために起こる一次的な現象で、脱力感、無力感などとして現れることが多い。
②エネルギーの活性化に伴う様々な反応
 『自然治癒力や免疫力が急速に高まり、病状が悪化したと見える』一時的な現象で、主として肉体面での反応(痛み、痒み、アレルギー症状など)として現れることが多い。
③潜在していたネガティブエネルギーの解放に伴う様々な反応
 『潜在していたマイナスエネルギーが顕在化して、急激な浄化が起こる』過渡的な現象で、主として精神不安、ネガティブな感情(怒り、恐れ、憎しみなど)の昂進(高ぶり)として現れることが多い。

いずれも、受け取った高い波動とのギャップが原因で、急速にエネルギー状態が改善されることになり、歓迎すべき反応ですが、その場合に最も害になるのは「恐れ」です。恐れは、浄化されるために表面化したネガティブエネルギーを、他のネガティブエネルギー(これは地上の至るところに存在します)とドッキングさせ、不調和なエネルギーを更に強力にしてしまいます。
レイキを受けていろいろな反応が起こるのは、すべて「あなたの内部に存在していたものが表面化する現象」(浄化へのステップ)と思ってよいでしょう。
それを不調和な現象と判断して不安に駆られ、マイナスの動きをしてしまわないようにしましょう。

レイキによる反応であれば、たいてい3日以内に落ち着きます。
レイキは、受けたあとも継続して作用し続けますので、ただその状態を見守り続けているだけで、良い方向に導かれていきます。