Chiara,  Travel

イタリア・アッシジ②

『イタリア・アッシジ』
を書いてから、どっぷり回想が始まってしまった私です…

お時間のある方、お付き合いください☆

年末だったため、年賀状にしようと思い。
アッシジのサンタ・マリア・デッリ・アンジェリ聖堂で、その中にあるポルチウンクラ教会(聖フランチェスコがなくなった場所)の写真のハガキを購入しました。

その年に出会った、悪性リンパ腫のMさんに出すために…

Mさんとは、霊氣ヒーリングをしたり、マッサージをしたり、アーシングをするために日本海の海岸に一緒に行ったりしていました♡

Mさんとは、イタリアにいる間も年賀状の住所のやり取り等をしていて。

帰ってきてMさん宛の年賀状を書いて、次の日にポストに投函しました。

その日は友人の荷物が行方不明になっていて。
お化粧品もなかったので、私のお化粧品を使えば良いからと泊まらせてもらっていました。

夜、友人とキッチンのテーブルで向かい合って座っていた時…
Mさんが、キラキラ輝く姿で現れたのです。
私の斜め前2メートルくらい前に…。

佇んでこちらを微笑んで向いていらっしゃって、暫くすると気配が消えました。

暫くあっけに取られていましたが、友人に
「…今、Mさんが来られてたんですよね。…」
と切り出すと、友人も
「私も怖くて振り返れなかったんだけど、後ろに感じたんだよね…」
と話してくれました。

その次の日、まだドイツにいた旦那さんの方の友人から、Mさんが亡くなったと連絡が入りました。

私は友人と二人で、あれは、挨拶に来てくださったのだろうと話をしました。

私たちの前に来てくださった時、Mさんは感染症にかかってしまい、意識が行ったり来たりしていたのだそうです。

Mさんはまだ30代、とても綺麗で可愛らしいお母さんでした。
子どもが3人居ましたが、旦那さんとも子どもたちとも程良い距離感と関係を築いていらっしゃいました。

Mさんが亡くなったその日、私の元に年賀状が届きました。
またイタリアの話聞かせてねと…

悲しかったですが、Mさんが会いに来てくださったこと、とても嬉しかったです♡

初めての体験で、とても綺麗だったので感動しました。
Mさんは苦しんでいる様子はなく、ただただ微笑んでいらっしゃいました。
この世に未練もなく、やり残したこともないのだろうと思いました…

つづく。

サンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です